パワーテック施工例

使用製品

カチオン・アンダーコート
高浸透性改修用下地材


パワーテックシリーズに
使用可能な高性能下地材です。

グレーコート 床塗装

(1)下地処理

下地の土間を良く清掃します。完了後、アンダーコートを塗布します。今回は、既に床塗装がされている所への再塗装となります。
(2)アンダーコート塗布

ひび割れも含めて、アンダーコートを床面に流し、ローラーで広げます。
(3)ローラーでコロコロ

塗り残しのない様に、均一に塗布します。
(4)ひび割れ補修

アンダーコートが、乾燥後にひび割れの補修をします。ひび割れ補修も様々な方法がありますが、今回は充填剤を使用します。
(5)ゴムべラでこすり詰め

充填剤をゴムベラで、ひび割れ面にこすり詰めします。マスキングしておくと処理が容易です。
(6)ひび割れが多い

改めて見るとひび割れが無数にあります。
(7)乾燥させます

乾燥前に、余分な充填剤はヘラで調整し平滑にならします。
(8)グレーコートを塗布

充填剤の乾燥を確認し、グレーコートを塗布します。床面に流し、ローラーで広げます。
(9)コロコロ

床面をコロコロと伸ばします。
(10)2回目の塗布

1回目が乾燥後、もう一度塗布します。工程は同じくコロコロです。厚みを乗せての塗布は、流した材量を伸ばす際に、ローラーを浮かせ加減で回転させずに引きます。
(11)乾燥させます

十二分に乾燥させます。グレーコートは乾燥が早いのも特徴です。密閉空間での作業もラクラクです。
(12)グレーコートプラス

グレーコートが乾燥後に、上塗り材を塗布します。白い液体ですが、乾燥後透明になります。グレーコート乾燥面に流しローラーで広げます。この際、気泡を絡ませずに塗布したいのでローラーを極力回転させず、ローラーで引き伸ばします。
乾燥させます

室内、冬季まっさかりの場合は、どうしても乾燥が遅くなりますので、時間帯の選択やエアコン、ホットガンを使用します。
完成です

古くなった事務所の床のリフレッシュが完了。水性材ですので作業も簡単に安全にできます。
製品一覧
  • 保護コート剤パワーテック
  • 防水・防錆・保護コート剤
  • パワーテックプロ
  • 壁面専用保護コート剤
  • 遮熱コート材パワークール
  • スベリ止めコート材
  • グレーコート
  • グレーコートプラス
  • カチオンアンダーコート
  • グリーンコート